トグル制震装置用オイルダンパーについて(第三報)

平成30年12月26日

平成30年12月19日に「KYB㈱およびKYB㈱の子会社が製造した建築物用免震・制振用オイルダンパー検査工程における不適切行為(追加事象)について」KYB(株)が開いた記者会見において、「係数書換え行為」(10月16日公表)の他に、「原点調整」という不適切行為が新たに公表されました。
「原点調整」とは、検査データを基準値に近づけるために行った不適切な行為であります。
その結果、公表してきた「不適合品」、「基準外」、「不明」なダンパーの物件数、製品数が増加しています。
第二報(平成30年11月13日付)でご報告したように「書換え」による「不適合」、「不明」とされたダンパーが設置されている建物において書換え前のデータによる安全検証により、転倒・崩壊しないことを確認しましたが、今回の「追加事象=原点調整」の公表により、データの信頼性が失われることとなりました。
さらなる不適切行為による事態で、建物所有者様や使用者様および設計、施工者様等の関係者様に、建物の安全性に対する不安と困惑を深めることとなり、改めてお詫び申し上げます。
KYB社の担当者に対して事態の推移を直接確認し、トグル制震装置に用いられている制振オイルダンパーの追加事象を含めた正しい数値を早急にまとめるよう指示しております。
新たな情報が得られた場合は、直ちに関係者様にご報告いたします。
本件に関しましては、弊社が責任をもって対応する所存であり、従来と変わりはありません。ご不明なことがありましたらお問い合わせください。


株式会社i2S2
代表取締役 宮島洋平
〒103-0014
東京都中央区日本橋蛎殻町1-29-6水天宮前東急ビル5階
電話:03-3669-8282

ホームページへ